もっとも寒さが厳しくなる時期“小寒”を迎えた5日、秋田市内にある大町イベント広場(秋田ニューシティ跡地)では、今年で6回目となる『新春!夢綱引き!!』が開催されました。

tuna01
毎年、年明けに開催されているこちらの綱引きは、地元の「大町商店街チーム」と「通町商店街チーム」に分かれ、その年がどんな年となるかの願いを込めて競うもの。「大町商店街チーム」が勝てば“無病息災の年”になるといわれ、「通町商店街チーム」が勝てば“商売繁盛の年”になるといわれています。

過去5回では、「大町商店街チーム」が3勝、「通町商店街チーム」が2勝となっていただけに、今年の「通町商店街チーム」は5分(3勝3敗)に戻したいと力の入ったものでした。その意気込みあってか、勝負は3本のうち2本を行った時点で「通町商店街チーム」の圧勝。残りの1勝負も「通町商店街チーム」が決め、今年は“商売繁盛の年”になるであろうと勝どきを上げていました。

tuna00tuna05
<中心に結ばれた御幣が勝敗の目印。ちなみに、綱引きに参加した人の夢も叶うのだとか>

当日、会場内では「雪だるまコンテスト」も開催されており、この日は10チームが参加。イベント来場者らの100票を超える投票により、【大町賞】【通町賞】【市長賞】【初笑い賞】が決定。表彰も行われました。

yuki01yuki02yuki03yuki04yuki05
<投票の結果、【大町賞】【通町賞】【市長賞】【初笑い賞】を受賞したのがこちら(左から)>

アベノミクスによる経済効果云々といわれて久しいですが、地方ではまだまだそんな実感はカケラほどもないのが現状。『新春!夢綱引き!!』の結果通り、2014年は“商売繁盛の年”になることを期待したいと思います。

tuna02tuna04shihsiya01
<会場ではコーヒーや豚汁の振る舞い、もちつきが行われたほか、獅子舞やヤートセ踊りの披露も>

Text&Photo:北島 要子